サカマキガイ

サカマキガイのお話。
狙ってとってきたわけではなく、玄関先でエアレーションなしで飼育するのに必要だろうと、水草を探しに行って藻を適当に持って帰ってきたらその中に紛れ込んできた個体です。
最初は5mm位の個体が2個、水槽の中をゆーーーっくり移動したり、水面をさかさまになって移動したり。
子供とも楽しんで観察してたのですが、この人たち、尋常じゃないくらい糞をするんですよね…。あっという間に水槽の中は糞だらけに。
そしてさらに困ったことに、1週間もするとこの小さな個体たちがじゃんじゃん卵を産み始めました。
よく見ると水槽の内側にゼリー状の卵胞がいくつも…。
さらにはそのうちの一つが孵ってしまったらしく、無数のちいさなサカマキガイが水槽中に!!
もうなんだか鳥肌ものになってきてしまったので藻を取ってきた用水路に流してきました。

貝自体はいた方がいいかなぁ、って思うのでそのうちカワニナかタニシか、もうちょっと増えるスピードが遅い貝を調べて捕まえてこようと思います。

シェアShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です