アブラハヤ写真館

我が家の撮影環境

我が家の撮影環境はつい最近まではXperiaのカメラか、LUMIX DMC-FH8という3年ほど前に買ったコンパクトデジカメでした。
どちらのカメラも動きの速いアブラハヤを撮影するのには向いておらず、ブレブレの写真しか撮れませんでした。
しかしこのLUMIXがつい最近ぶっ壊れ、思い切って一眼レフに買い換えました。

発売からは2年くらい経っていてちょっと型落ちですが、カメラには全く疎く、扱いも初心者なのでこれでももてあますスペックです。

屋外水槽の罠

この設備投資(?)により、アブラハヤをぶれずに撮れるように。
しかし我が家の水槽は屋外。日中は自分の姿が映りこんでしまい、結局うまく撮れません。水槽を日向に移してやれば映り込みは抑えられるのですが、そこまでするモチベーションもわかない…。
結局綺麗にとるには夜間にフラッシュ撮影をするしかない状態でした。

望遠ズームでのマクロ撮影

結局、最終的に出した結論はなるべく水槽から離れて、望遠用のレンズで限界までズームした状態でのマクロ撮影モードです。

水草の間をすいー
水草の間をすいー

日陰の水槽なので暗さは否めないですが、これでばっちりピントの合ったアブラハヤが撮影可能となりました。

最近のアブラハヤ

一番体の大きい個体は最近ものすごい食欲。まさに食欲の秋。どんどんでかくなっていきます。一番小さい個体の倍以上あるんじゃないでしょうか。

下の餌も食らう!
下の餌も食らう!

本来はドジョウのための底に沈んだ餌をぱくついてます。なんだか最近ドジョウが痩せてきてしまったような…。ドジョウ用の餌を仕入れないといけないかもしれません。

餌を口に含んでもふもふ
餌を口に含んでもふもふ

口に大量の餌と砂を含んでもふもふしています。砂だけぺっぺと吐き出しています。かわいいんですが、ちょっと困ったもんです。

シェアShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です