我が家の餌

うちの晩御飯の話ではありません。
魚のえさの話です。

6月にザリガニを捕まえてきた当初は煮干しを与えていましたが、すぐに臭くなるのでザリガニ専用の餌を買ってきました。

ザリガニの餌
ザリガニの餌
比較的大粒で水に沈むタイプです。
成分とかは全然気にしてないのでこれがザリガニにとってベストかどうかはよくわかってません。

その後、7月にアブラハヤの稚魚を捕まえてきたときはメダカだと勘違いしていたので、メダカの餌を買ってきて与えていました。

メダカの餌
メダカの餌
定番のキョーリンさんのメダカの餌です。子供の小学校でもこれを使ってるらしいです。

キョーリンさんのこれらの餌はどちらも150円くらいです。4ヶ月くらい経ちますがまだ大分残ってます。
ヌカエビは残った餌ないし苔をつまつましてるので特に個別に餌を与えていません。
ドジョウも同じく残り物を食べるか、ザリガニの餌をたまーに沈めてやると食べる感じだったのですが、アブラハヤが大きくなり、底に沈んだ餌もがつがつし始めてドジョウがなんだかスリムになってきた様子…。これはまずいとどじょう専用の餌を導入しました。

どじょうの主食
どじょうの主食
コメットのどじょうの主食。これは500円くらいだったかな?大盤振る舞いです。
小さめの錠剤みたいな形をしている餌で、これならアブラハヤの口には入らなさそうです。
っていうか、ドジョウの口にも入らなさそうです。
何度かあげていますが、そもそも我が家のドジョウはほとんど砂に潜っているので食べているところを見たことがありません。
大体翌日には無くなってるので、「誰か」が食べているみたいです。

そんなわけで我が家のアブラハヤはひたすら「メダカの餌」を食べてたわけですが、どうも同じえさばかり与えていると背骨が曲がったり、病気をしやすくなるらしい。
人間でもかーちゃんに「ちゃんと野菜も食べなさい」と言われるのと同じかな。
なので、アブラハヤのために新しい餌を買いました。

川魚の餌
川魚の餌
やはりキョーリンさんの川魚の餌。
150円くらいでやっぱり売り場の中では最安値水準です。
メダカの餌より大粒で口に入れては出し、入れては出ししながら食べてます。

しかしここでふと思ったのですが、
「これって、形状が違うだけで同じ成分では…?」
毎日ゆでたまごじゃ健康に悪いから今日はスクランブルエッグにしよう、って言ってる感じな気がしてきました。
キョーリンさんのサイト見てもなんだか同じ原材料っぽい…。

また週末、買いに行くかなぁ…。

シェアShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です