ヌカエビ稚エビ近況

近況報告第3弾です。
夏から秋にかけて大量に産まれたヌカエビの稚エビたち。
小さいうちはヨシノボリの餌扱いだったのですが、ヨシノボリに簡単につかまらない大きさまで成長してきたので大きめのプラケースに水草と一緒に放り込んで放置していました。
ザリガニの餌をたまーに入れても特に食いつく様子もなく、何食って生きているんだ状態なんですが、特に数が減る様子もありません。
最近あまり中を除いてなかったので久々に蓋をとってまじまじと観察してみました。

ヌカエビ
ヌカエビ
でかくなってる…。
最大で親エビの半分くらいですかね。個体差が結構あって、大きいのと小さいのとでは2倍くらい体長が違う気がします。
他の水槽にいるエビたちはグレーや茶色、透明な色がほとんどなのですが、稚エビたちはみんな赤茶色しています。
ヌカエビ
ヌカエビ
ゆで上がった赤ではなく、くすんだ、錆のような色ですね。
特に水換えもせず、減った水を足したり、水草を適宜放り込んでいただけなのですが勝手に成長しています。
ヌカエビ水槽
ヌカエビ水槽
これから冬本番。このプラケースで何匹が越冬できますかね。

シェアShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です