なぞの稚魚

埼玉で取ってきたシマドジョウたち。その中にまぎれていたメダカの針子のような稚魚。
たいていの場合このくらいのサイズの稚魚は長生きできずに死んでしまうことが多いのですが、2週間たって写真の撮影に耐えうるくらいのサイズまで成長してきました。

稚魚の影

シルエットはこんな感じ。
正直まだ種類の特定が出来ないです。
稚魚

動きはメダカなんかよりもはるかに早く、3倍以上体の大きいシマドジョウよりも早いです。
稚魚

今のところメダカの餌をあげるとすごい勢いで食いついてきて餌には困っていません。
ただ、今後どこまで大きくなるのかわからないのでシマドジョウにちょっかい出さないかも含めて注意していかないといけないですね。

シェアShare on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です